タイでのチップについて

日本ではチップの習慣がほとんどないため、どの場面で必要か、また相場についてもよくわからないと思います。

まず、必要となる場面はホテル・レストラン利用時と、マッサージやSPAの利用時です。

ホテルではベッドメーキングなどの謝礼として、20~50バーツ(高級店であれば50~100バーツ)を目安に渡しましょう。

 

レストランについては料金にサービス料が含まれている場合は不必要ですので、お釣りの端数を渡す程度で構いません。

含まれていない場合は支払額の5~10%を目安にし、50バーツほど渡しましょう。

なお、タイではもともとチップの習慣がなかったため、屋台や大衆食堂などでは必要ありません。

 

マッサージやSPA利用時は、20~50バーツ(高級店であれば50~100バーツ)程度を渡しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です