タイラオイェー(高級・オススメ)

絶品のイサーン料理をコロニアルな雰囲気の中で味わう

古き時代の上海とコロニアル風の建築をあわせ持つ「カボションホテル」。

その一階にある「タイラオイェー」(営業時間11:30~14:30、18:00~23:00)は、クラシックなタイ料理、タイ東北部イサーン地方やラオスの味を楽しめるレストランです。

店内は茶系で統一された落ち着いた雰囲気。
古いミシン台を使ったテーブルや食器に至るまで、センスの良さを感じさせます。

 

最初に頼んだのは「フィッシュケーキ160バーツ(1バーツ=約3、3円)」

タイ風のさつま揚げです。
ふわっとした食感に馴染みのある味。

ホームメイドと思われる、具沢山のスイートチリソースをつけると、途端にタイの味に早変わりです。

タイラオイェーのオススメはラープ

そして何と言ってもおススメの一品は「ラープ」です。

ニンニクや玉ねぎなど香りの強い野菜を使ったラオス風と、香草を多く使ったチェンマイ風の2種類ありますが、今回は「ラオス風ラープ160バーツ」を豚のひき肉でいただきました。

ニンニクやハーブの香り、唐辛子の辛さが豚肉と絶妙に絡み合い、口いっぱいにコクと旨味が広がります。カオニャオ(もち米)と一緒に食べるとまた格別です。

 

レッドカレー

次は「レッドカレー鴨のロースト入り180バーツ」です。柔らかな鴨肉がたっぷりと入ったカレーは、マイルドな辛さのさっぱりとした味つけです。

タイのカレーはスープのようにさらっとしていてお腹にたまりにくいのが特徴です。

デザート

デザートは「タイラオイェー・フローズンアーモンドプディング160バーツ」。

店名を冠したご自慢の一品です。下にはアーモンド風味のまったりとした食感のアイスクリーム、その上に杏仁豆腐のシャーベット、砕いたアーモンドのトッピング、とアーモンド尽くしのデザート。二人で食べても十分な量です。

 

タイラオイェーへのアクセス

場所はBTSプロンポン駅3番出口を出てまっすぐ、ソイ45を左折して突き当りです。

2012年に建てられたとは思えないほどノスタルジックな雰囲気は、日本人や外国人客、旅行客にも人気。

店内は音楽が静かな音量で流れ、会話を楽しむのに適しています。

ゆっくりと食事を楽しみたい方にピッタリの店です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です