タイ語について

タイの公用語はタイ語です。

タイの街中では英語が通じない

同じ東南アジアでも、シンガポールのように第一言語が英語である国や、マレーシアやフィリピンのように公用語が英語の国のように、タイでは誰もが英語を話せるわけではありません。

街を歩いている人に英語で話しかけてもほとんどの人には通じないのです。

タイで英語を話せる人は?

タイで英語を話せる人は、大卒者か観光関係のビジネスマン、それに外国人を対象にしたレストランやホテルの従業員です。

タイで楽しく生活するにはタイ語を話せることが必須になってきます。
以前はタイでのビジネス成功のカギはタイ語習得が条件と言われていた程です。

 

現在は海外に留学した学生が増えたこともあって、ホテルの従業員やビジネスマンなら英語が通じる人もいますが、街の屋台などで働く人など一般の人はほとんど英語が話せないのが現状です。

日本人がタイに観光などで行った場合、完全に日本語だけしか話せないという人が本格的にタイで不動産を探したいとか、何らかのビジネスを考えているなら、通訳を同行させるのが無難です。

日本語だけしかできないという人は、密接なコミュニケーションが取れないだけでなくトラブル発生時には解決に時間がかかることもあります。

 

仮にパスポートや金銭の盗難・紛失、それに急病などに見舞われた際にタイ語や英語が話せなかったら大きなトラブルに陥ります。

自国語や英語でなければ話し合いや解決が難しいことが度々起こるのも外国旅行です。
このような時に片言でも英語が話せれば大助かりですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です