スパンニガー イーティングルーム(高級、オシャレ、人気)

トンロー駅から近いお洒落レトロなタイ料理の店

女性に人気の高い「スパンニガー イーティングルーム」(営業時間 11:30~14:30、17:30~23:00)は、オシャレで落ち着いた雰囲気のレストランです。オーナーが祖母から受け継いだ味を現代風にアレンジした料理は、辛さは控えめなものが多く、誰にでも食べやすいのが人気の理由です。

スパンニガー イーティングルームの店内はこんな感じです。

蟹身入り揚げオムレツ

「蟹身入り揚げオムレツ240バーツ(1バーツ=約3、3円)」は、蟹のむき身がたっぷり入ったオムレツを油でさっと揚げた一品。薄味なので蟹の味がしっかりと楽しめます。チリソースでピリッとした辛さをプラスしても美味。蟹身のオムレツは最近人気のタイ料理のひとつ。スパンニガーにはほかにエビや豚のひき肉入りのものもあります。

 

イサーン風豚肉と甘いもち米のグリル

「イサーン風豚肉と甘いもち米のグリル220バーツ」は軽く焦げ目をつけて焼いた豚肉と、黄金色にグリルしたココナッツ風味のもち米のセットです。添付のソースやパクチーと一緒にいただけば、旨味がいっそう引き立ちます。皮をむいたキュウリも添えられていて、見た目よりも食べ応えがあります。お肉はお好みでビーフも選べます。

 

マナオソーダ

ドリンク選びに迷ったときにおすすめなのが「マナオソーダ120バーツ」です。ソーダウォーターとマナオジュース、あるいは絞ったマナオを混ぜたもので、すっきりして脂っこいお料理とよく合います。メニューに載っていなくても、たいていどこの店でも言えば出してくれる定番ドリンクです。

 

レッドカレー

最後は「レッドカレー220バーツ」です。お好みでポークかビーフを選べます。上にはココナッツミルクがかかっていて、カレーの味をマイルドに仕上げています。今回はビーフを選びました。お肉は柔らかく煮込んであり、カレーはしっかりとコクがあり、とっても美味しいカレーです。

 

スパンニガーへのアクセス

場所はBTSトンロー駅で下車し、トンロー通り(ソイ55)を入っていき、通り番号がソイ6を過ぎたあたりに目印となる看板が見えます。人気店なので予約をしてから行った方が確実です。店内は落ち着いた色調でインテリアもステキです。ドリンク用のストローにはレモングラスを使うなど、エコロジーを感じさせる演出にも好感が持てるお店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です